国税調査の気合が入った?

私が最近気になっているのが、やはり大手ゼネコンである鹿島のキャノン大分工場をめぐるコンサル料をコンサルタント会社「大光」が脱税していたとされる事件でしょうか。
今回の事件は、裏を返してみれば、キャノンの会長や元県会議長など大物の名前が出てきたりと世間を退屈させそうにないほどに事件が発展していっていますが、この事件、国税調査から発覚したのでしょうか?

おそらくは強制調査か何かが入ったものと考えられますが、東京地検特捜部がこのような巨額な裏金の存在に気づいていたのはいつ頃からなのでしょうか。
よくテレビドラマなどでは、国税局の内部に脱税を企てようとしている人間と通じているものがいて、査察などの国税調査が入る前にその情報が漏れるなどと言うことがありますが、今回のこの事件、キャノンの御手洗会長と旧知の中であったりと日本でも社会的地位の高い人間とゆかりの人間が逮捕されていることからも、国税調査にかかわっている人間の中には、そのように情報を漏えいさせるような人間がいないということがわかって良かったです。

この不況でも、これほどまでに巨額な所得があり、またそれを隠していたとは何とも景気のいい話。
やはりあるところには、埋蔵金がしっかりとあるということが分かりますね。
この事件をきっかけに、国税調査を行う側もますます気合が入っているのではないでしょうか。
国税調査を受ける側としては、あまりうれしくないことではありますが、日本に住んでいる以上は、申告すべきものは正しく申告し、正しく納税しなくては、いけませんよね。

Comments are closed.