国税調査が神の手に

テレビ番組などで「神の手」として紹介されている脳神経外科医の福島氏が東京国税局から国税調査を受け、2006年~2008年の3年間で得た所得5億数数千万円に対する申告がなかったとして、約1億数1千万円の支払い義務があるとしてきています。

これに対し、福島氏は2008年度分の修正申告をアメリカで行っています。

今回の国税調査で問題になっているのは、非居住者の所得税などを度するかということ。
最近は日本人の海外進出する例が増えてきています。

昨日、世界的記録を達成したイチロー選手、これからますますの活躍が期待される石川選手もその一人となってくるでしょう。
日本に所得税を納める必要があるのか、日本での活躍に対する税の処理など、海外進出すればするほどその税務処理はややこしモノになってくるでしょう。
彼らのマネージメントを扱う人は、国税調査対策も必要になってきます。
それは、日本と海外という複数の税務処理が必要になってくるのです。

日本が誇るべき方々の国税調査による脱税の指摘とは、かなりショッキングなニュースです。
今回の福島氏もそうです。
彼の場合、寝る間も惜しんで手術に世界中を駆け回っているような状況です。
国税調査で脱税の指摘があれば、それだけ彼の時間が拘束されることにもつながります。
それだけ忙しい人が、さまざまな申告を自身でこなすことは容易なことではありません。

世界中の人の命を救う人の時間を拘束しないためにも、正しい申告を心から望まずにはいられません。

Comments are closed.