国税調査で税収アップ?

政権交代により、国税の使い方が議論されていますが、今国民が最も興味のある国税の使い方の一つに、子供手当があるのではないでしょうか。

こども手当は、一人につき2万6000円が各月支給されることになる予定です。
その代わり、財源確保のため、扶養控除や配偶者控除がなくなるとされています。

また、鳩山内閣で今最も頭を悩ませているのが国税の税収の少なさではないでしょうか。
この未曽有の不況の中、国は2010年度の予算編成で国税の歳入不足を補うために、赤字国債を更に発行することを余儀なくされそうな雰囲気がムンムンです。

特に、法人税は、不況のあおりを受けて顕著にその税収が少なくなっていることでしょう。

そんな税収が激減してういる中、少しでもその税収を増やすためにも国税調査は大切になってくるのです。

国税調査を行った結果、追徴課税を課せられる羽目に陥った企業は少なくないでしょう。
そう、あるところにはあるのに、それを出し惜しみしている企業というのは必ずいるものなのです。

不況の世の中といえど、世の中には必ず勝ち組が存在し、そしてその勝ち組が脱税を働いている可能性は高くなってくる。
そこで税務署は国税調査を行い、少しでも多くの税収を確保しようと日夜その頭脳を働かせているわけです。

最近はパソコンによる会計処理が多いです。
そういったものによる不正経理は、対応ソフトを使うことによって、すぐにはじき出されるものです。

嘘は必ず見破られる、真実は一つ。
正しい申告こそが、今の日本国民の大切な義務だということをお忘れないように。

Comments are closed.