赤字でも入ります

未曽有の不況からまだまだ脱却できないでいる日本、この日本における国税調査はその調査件数が減っているのでしょうか。
減っていませんよね。

というのも、国税調査は、5年に一度程度は企業に入るもの。
それは赤字企業であっても同じことです。
全体の税務調査の30%程度は赤字企業に入っているものです。
中には勘違いして赤字企業には国税調査が入らないと思い、あえて赤字に仕向けている企業がいますが、これは大きな間違えです。

確かに、急激に売り上げが伸びたところなどは国税調査が入りやすくなっていますが、それだけを国税調査の対象にしているわけではありませんので、社長などの役員報酬を大幅にアップして企業の下手に赤字にするなどということは百害あって一利なしですよ。

ところで、調査が入る時、あなたは必ず税務署員の身分証明証を確認していますか?
これがないと、実際には国税調査を行うことはできませんよね。

実は、稀なことでしょうが、以前、国税調査の中でも、査察部にいた人が身分証明証を携帯するのを忘れたことのある人がいるのです。

それはサスペンスドラマの女王山村紅葉さんです。

彼女は、女優を本業とする前、実は国税局査察部で査察の調査の仕事に就いていたのですが、そのさい、査察に入った際に身分証明証を携帯し忘れたことがあると、某テレビ番組で暴露していたのです。
大人数での査察の際のことなので、どさくさにまぎれての行為でしょうが、査察のエリートの人もそんなことがあるのですね。

Comments are closed.