特別国税調査官

国税調査国税調査と税務調査に関してひとくくりにしてお話ししてきましたが、法人税の税務調査において、国税局の調査部が管轄するものがあります。

それは、資本金が1億円以上の大企業に対する調査。
(納税地の管轄区域が沖縄国税事務所の法人は資本金が5000万円以上)

国税局の調査が入るとなると、特別な感じがしますが、規模が大きいので国税局からちょうさがはいるだけであって、基本的なことは変わらないと思います。

ところで、国税局の税務調査官と言うと、特別国税調査官を連想します。
実は、かの有名な「マルサの女」の演技指導を行った当時現役の特別国税調査官がいるということをご存知ですか?
それは、齊藤 和子さんです。
彼女は女性初の特別国税調査官に任命された人で、これまでにいくつもの査察を経験してきています。
先日はテレビ番組で、脱税の手口や、脱税の原因が愛人の存在だということも少なくないなどといった裏側の話をしてくださいました。

特別国税調査官とその脱税を助ける愛人との駆け引きなど、普段私たちが想像することもできないような、貴重な国税局による査察の実態を知る貴重な番組でした。

「マルサの女」で愛人宅に特別国税調査官が踏み込んだ劇的なシーンは、現実にもよく怒っていることのようです。

場合によってはそのまま犯罪者として実刑が下ることもあるのですから、女で身を滅ぼしてしまう愚かな経営者にならないように気をつける必要がありますね。

Comments are closed.