国税調査官の不祥事ニュース

納税者の脱税疑惑などを徹底的に調べて、申告漏れや脱税をしている人を調べる事が仕事である国税調査官。
まさかと思うようなニュースを先日、耳にしました。

国税調査官で、先日逮捕者が出ましたよね。
逮捕された先というのが、札幌です。
札幌の国税局に勤める男性(58)が詐欺容疑で逮捕されたそうです。

この元国税調査官は、個人の課税事務などを担当していたそう。
それで申告をだませると思ったのか、知人の源泉徴収税額が無いのにもかかわらず偽の金額46万円の確定申告書を作成した事が判明したそうです。
このときに下りてきた還付金というのが、43万円。
この事が内部調査で判明した事が分かったそうですよ。
監察官が捜査をしたが逮捕された国税調査官は、偽の申告書はシュレッダーを使って抹消してしまっていたそうです。
証拠隠滅を図ったいたということですよね。

なんとも許せないニュースですよね。
税務者の納税に偽りがないか?を調べるのがこの国税調査官の役目。
それなのに、自ら納税金額を偽りそしてお金をだまし取り詐欺容疑を図るなんて本当に信じられませんよね。
他にもこのような容疑が無いのか?きちんと調べてほしいものですね。
自分が、国税調査官だから内部事情が分かっているから、分からないとでも思ったのでしょうか…。
それだと、本当に困ったものです。
その他には、勤務中に株取引をして減給され懲戒処分となった国税調査官も先日はニュースになりましたよね。
しっかりとしてほしいものです。

Comments are closed.